脱独身!アラサー女子が結婚を目指すブログ

logo
2018/07/13

心理学から学ぶ!メッセージのやりとりの頻度と実際に会うまでの期間

キーワード , , ,

どうも~、アラサー独身女です(^0^)/

婚活アプリでマッチングした後、どのくらい会話を続けていいのかわからないことってありますよね?

相手の顔が見えないですし、LINEのようにき「既読」がつかないものがほとんどです。

では、一体いつメッセージを送ればよいのか。

また、メッセージのやり取りをしてから実際に会ってみるまでにはどのくらいの期間を設ければよいのかを今回はご紹介させていただきます(`・ω・´)✦

心理学から学ぶ!メッセージのやり取りの頻度と実際に会うまでの期間

①ズバリ!メッセージは1日2~3往復程度でOK!

婚活アプリで相手とメッセージをやりとりする際に1日約2~3往復程度返している人がほとんどのようです。

相手のことはプロフィールカードから大体のことは把握できますが、相手の生活スタイルまでは分からないため、しつこくメッセージを送りすぎるのはNG。

また2~3通なら負担にもならないので、毎日続けることができます♪

時間帯も朝・昼・夜で1通と考えてよいでしょう。

1日の会話は短くても、長い期間メッセージのやりとりをすることで、最終的にデートの約束に結び付けやすくなります♪(男性はデートに誘いやすくなりますし、女性は警戒心が薄くなるのでOKしやすくなります)

アンケートによると、マッチングしてから実際に会うまでの期間は大体2週間~3週間でという回答が1番多かったです!長い人で1ヶ月という人も!

婚活パーティーなどとは違い、慎重にメッセージを重ねてから会う人がほとんどの様でした!

②二者択一法でスムーズに会話ができるようになる!

マッチングした相手がとても魅力的で、どうしても一度会ってみたいという男性もなかにはでてきます。

「1度デートしてみたいけど、でもガツガツした女性だとは思われたくない…」

そんな方はぜひ、二者択一法を上手に使ってメッセージを送りましょう♪

二者択一法とは、その名の通り、相手に2つの選択肢をもつ質問をすることです。

「趣味はなんですか?」「好きな食べ物はなんですか?」など、無限に回答がある質問は、初対面の人や、ましては顔もみたことない人には少々答えづらい質問なんです。

どう答えるのが正解か分からない状態で知らない人と会話をするのは、多少なりともストレスに感じるものです。

なので、こちらから「Aが好きですか?それともBが好きですか?」と選択肢を与えてあげることで、相手はストレスを感じることなくスムーズに答えられることができるんです!

○○さんは、休日はどのように過ごしていますか。A.外でアクティブに活動されますか? B.それとも自宅でのんびり過ごしますか?

私は旅行が趣味なのですが、○○さんは旅行に行くとしたら、A.海外 と B.国内どちらが好きですか?

このような質問を日常的にできるようになれば、相手は「答えやすい」「会話がスムーズに進む」と、自然と好感度もアップしちゃうんですよ(^▽^)/★

 

≪例≫デートに誘うとき

もしどこか一緒におでかけするとしたら、A.平日 と B.休日 ならどちらがご都合あいますか?

平日は仕事のあとになっちゃうから、休日だと俺はいつでも大丈夫だよ

そうなんですね!私は日曜日だと空いてます!もしお出かけ出来たら一緒にご飯を食べながらゆっくりお話しできたらと思ったのですが、お昼と夜ならどちらがご都合よろしいですか?

お昼の方がいいかな!俺のおすすめの場所があるんだけど、今週は日曜日空いてる?ぜひそこに一緒にいけたらと思ってます!

 

上記の会話はあくまでも、「もし一緒にでかけるなら」という話から始まっていますが、

本質として「出かけることが前提」で質問をしています。

質問された相手も本当に出かけることを想定して答えているので、全て肯定的な回答でなおかつ断られにくいのが特徴です!

会ってみたい!と思った男性がいたらぜひ応用してみて下さいね(*^▽^*)♪