脱独身!アラサー女子が結婚を目指すブログ

logo
2019/05/03

アラサー独身女子の悩み…「結婚しないの?」という呪い

キーワード , , , , , , , , ,

どうも~、アラサー独身女です(^0^)/

ゴールデンウィークも真っただ中!みなさん婚活は進んでますか~??

私はいったん実家に帰ってるんですけど、アラサー独身女子にあるあるの「結婚は?」攻撃に悩まされています(^^;

 アラサー女子を悩ませる「呪い」                                 

2016年大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で石田ゆり子さん演じる「百合」の発言が話題になってたの、覚えていますか?

「私たちの周りには、たくさんの呪いがあるの」

現代女性のまわりにある「こうであるべき」という、息苦しい無形の圧力を”呪い”と的確に表現したセリフで、大反響が起こりましたね~。

20代後半になると両親からの「結婚は?」親戚からの「子供は?」という波状攻撃を浴びせられます。気にしないようにしていても、地味にくらうダメージ…( ;ᯅ; )

仲良しと思ってたイトコから「私はアンタくらいの年でとっくに2人目産んでたけど?」とお説教されたり、久々に会った友達から「えっ、まだ結婚してなかったの(笑) 私なんて22で結婚して25で子供産んでマイホーム買って幸せ♥」とアピールされるのも切ないもの。

20代のころは「やっかましぃ!ほっといて!」とタンカ切ってましたが、30越えてからは「いや~私も頑張ってるんだケドね…((^-^;」と弱々しく返すしかない悲しさ。

「コレが私たちを取り巻く“呪い”の一つなのかな」とアラサーになった今よく感じます(-ω-;)

 

 言われるうちが華  「結婚は?」を前向きに考えてみる       

婚活仲間(アラフィフ)が言う事には「一定の年齢過ぎると親戚からは『その話題に触れちゃいけない』感出されて、親は諦めムードで何も言わなくなるから逆に悲しい」とか…。

言われてるうちはうっとおしいですけど…考えてみれば、いろいろ言ってもらえるうちが華なのかもしれませんね~(;’o’)

現代社会は価値観も複雑化・多様化していて、必ずしも「結婚しなければいけない」という世の中ではなくなっています。とはいえ、多くの親は「可愛い我が子が素敵なパートナーを得て、一生を幸せに暮らして欲しい!」というのが”ホンネ”なんですよね。

親戚や知り合いからなにを言われるより、親から「せめて恋人くらいいないの?」と寂しそうに聞かれるほうがつらいです( ˊ•̥ ̯ •̥`)

いや~…私もちゃんと結婚して安心させてあげたいんですよ? ですから「結婚は?」攻撃に凹んでてもしょうがないので前向きに自分のペースで婚活に取り組んでいきたいですね!

夏までに恋人ほしいですし、実家から戻ったらまた婚活頑張りまーす(♥´∀`)