脱独身!アラサー女子が結婚を目指すブログ

logo
2019/06/07

6月に結婚したい!婚活女子憧れのジューンブライド婚

キーワード , , , ,

どうも~、アラサー独身女です(^0^)/

6月! ジューンブライド(June bride)の季節ですね~。私の友人も結婚式ラッシュです。令和元年婚!う~んうらやましい(>_<)

…ところで、なんでみんな6月にするんでしょう? 「6月の花嫁は幸せになれる」と漠然と知ってはいましたが、しっかり理由を考えたことなかったな…と。

そこでジューンブライドの由来について調べてみました!(^^)/

 6月の女神のご加護がMAX!                                                                

古来より、ヨーロッパでは「6月の花嫁は幸せになれる」と言い伝えられてきました。ギリシア神話の女神ジュノー(6月・juneの呼び名の元となった)の守護月に結婚することで、その加護を最大限に受けることができ、永遠の幸せを手にすることができる・・・と考えられていたんだとか。

ジュノーはゼウスの妻、結婚・出産・子ども・家庭の守護をつかさどる神様。その守りで幸福な結婚生活が送れる、とされたのです。ジュノー(ヘラ)は嫉妬深い神様としても有名で、浮気者ゼウスをキリキリ締めあげる神話も多いです(笑)

もう一つ、ヨーロッパでは3~5月までは農作業が忙しく気候も落ちつかないため、結婚の解禁が6月だったんです。6月は気候がよく開放的で、結婚の解禁と併せて明るく幸せなムードで式が挙げられたことから、「6月に結婚すると幸せになれる!」という伝承となったんだとか。

 でも…雨が! 梅雨対策はどうする?                                                      

「やっぱり6月に結婚したいよね!」というカップルも多いかと思います。私もできれば6月にやりたいなぁ(^^)

しかし…日本の6月は梅雨シーズン真っただ中。気候の良くなるヨーロッパと対照的に、じめっとした気候や雨が続く時期でもありますね(;^_^)

雨だと雰囲気は暗くてどんより、ドレスアップした参列者も足元が悪くて困りますし、屋外での催しもできないですよね。

そこで梅雨のない海外、ハワイなどの常夏の楽園で挙式するカップルも多いんだとか! ごく親しい身内で開く6月のリゾート婚は良い思い出になりそうですね~。

「駅直通の結婚式場を予約する」「婚姻届けを6月に、結婚式を梅雨明けに設定」する方も多いそう。

みんなさまざまな方法で梅雨対策のジューンブライド婚をしているんですね~♪

やっぱり「永遠に幸せな結婚生活」って憧れますもんね~。今年は無念にも間にあいませんでしたが…(笑)

婚活をがんばって来年こそは! 6月の花嫁になりたいと思います(*^^)b